読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微熱な日々

カルチャーを語る微熱なブログ。

シンゴジラを見直して。

ブルーレイが出たので見直しているがやっぱり面白い。初めて見た時の感覚はもう残ってないけど、冷静になれたから見えてくるものもある。

ものすごい情報量で、とにかく頭をクラクラにされてくる映画だと思っていたけど(確かにそういうところもある。)、見直してみると緩急しっかりつけて観客が楽しめる映画にきっちり仕上げてある。片桐はいりがいてこそこの映画は最後までもつんだな。

特典の未使用シーンを見ていると意外と感情的なものも撮られているみたいだが、きっちりカットされる。なんだか、クリント・イーストウッドの映画を思い出す。

庵野秀明作品は膨大な情報を「読む」ことが人気を呼んだ要因の1つになると思うけど、映像作品はやっぱり「見る」ことを忘れちゃいけない。

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』をみて。

 ティム・バートンの新作『ミスペレグリンと奇妙な子供たち』を観に行ったので、過去のバートン作品を観ることにした。

 

ミスペレグリンについても書きたいのだがイマイチまとまらないのでとりあえず保留して、今回は軽くスウィーニー・トッドについて書くことにした。

 

トッドは首尾一貫して、眉間に皺を寄せているキャラクターだった。

 

一方、トッドと一緒の船でロンドンに上陸した若者アンソニーはいつも夢を語り、前向きに生きている。トッドとは正反対の男だ。

 

言ってしまうと、トッドは不幸な最後を迎える。

 

描写はないが、きっと若者の方はハッピーエンドを迎えることになるだろう。

 

復讐のことしか頭にないトッドは日々の幸せを忘れ、イライライライラして生きている。

 

幸せを掴みたいなら、眉間に皺を寄せる様な生き方はすべきじゃないな。

 

ちなみに、最後の場面で男の子はあんなことをしてしまうけれど、あれはトッドから復讐を受け継いでしまっているわけで、あの子も決して幸せにはなれないだろう。

 

軽い感想みたいなものでした。

 

正月からボカロ曲がきてるって話。

 今年は初音ミク誕生から10周年らしい。
まぁ、そんな事はまったく関係ないのだが、正月から何故かボカロ関連の曲にハマった。

 まず、本気でビビったのがこれ。


鏡音レン & Oliver】プリン飲すょ【オリジナルPV】 http://nico.ms/sm22274272?cp_webto=iap_share_l

 あまりボカロ曲は聞かないのですが、こんな高センスの曲があるなんてホントに驚いた。

先に聞いたのは、綿めぐみが歌っている下のバージョンなのだが、気になって調べてみると元々ボカロ曲だったのだ。https://soundcloud.com/maltine-record/bazz_pudding

 そして、虹コンの新曲。これは『いーあーるふぁんくらぶ』のボカロPが楽曲提供しているのだが、ばっちりハマってしまった。

https://youtu.be/jez8p3t0Vng

 

10周年。今年はボカロが熱い、かも。

 

天晴れ!原宿のファーストアルバムについての話

天晴れ!原宿は、僕が個人的に今後の活躍を楽しみにしているアイドルの1つだ。

風の噂によれば、去年のFNS歌謡祭に芸能人観客席?アイドル観客席?の様なもので参加していたらしい。

僕は見ていないので、それがどんなものなのかよく分からないけど、呼ばれている以上は業界でも注目している人はいるということで、天晴れを選ぶセンスあるスタッフがフジテレビにもいるんということだろう。

とにかく、そんな天晴れ原宿のファーストアルバム『APPARE!WORLD』が去年の12月に発売された。

僕が大好きなのはこの『原宿サニーデイ』である。
https://soundcloud.com/appare_harajuku/harajuku_sunny_day

この曲は、今年絶対来ると睨んでいるトラックメイカーyunomiさんが楽曲提供しており、そもそも天晴れを知ったきっかけもyunomiさん経由である。

とにかく、ポップでカワイイ曲が好きな人は絶対にハマります。

またアルバム一曲目のライブオープニングの曲『Overture』もインストだけど、最高。これには正確な情報はないけど、曲調的にyunomiさんがつくったのではないかと踏んでいる。違ったらゴメンなさい。
https://youtu.be/krBMEb6gr20

結局、yunomiさんの紹介みたいになってるけど、このファーストアルバムは良作なので、他の曲も是非聴いてください。

 

あいさつ。

初めまして。Hieda 申します。本ブログは主に僕が大好きなカルチャーについてつらつらと好きなように語らせていただく自分勝手なものです。

どうしてこんなものを始めてみようかと思ったのかと言うと、自分で好きなものについてきっちり言葉にしてみようと考えたからです。

普段好きなものを好きと言うのに少し抵抗を感じてしまいます。それはもっと詳しい人がいるだろうに僕なんかがこれを好きと言っていいのだろうかと思ってしまうからです。

だから、好きなものを好きと言うために、きちんと考え自分の言葉で語れるようになりたいと思いブログを始めました。

まあでも、こんな事はどうでもいいですね。

ブログである以上読み物として楽しんでもらえるものを書いていきます。

自分勝手なブログの自分勝手なあいさつをさせてもらいました。